--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-07(Mon)

アンケート・アート

20090829_1.jpg
2009年8月29日(土)東京六本木にあるサントリーホールにて。

2007年の水戸デザインフェスオープニングパーティにて「アンケート・アート」の
パフォーマンスをしてくれた、松本祐一さんが芥川作曲賞にノミネートされたので、
晴れ舞台を観に行って来ました。

松本祐一
1975年生まれ。
茨城大学工学部電気電子工学科を卒業。電源制御機器開発会社の研究員を経て、IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)に入学。コンピュータ音楽等を学ぶ。卒業後、情報科学芸術大学院大学助手に着任。その後、同校システム管理嘱託員。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科研究助手、名古屋芸術大学音楽学部非常勤講師。
作曲を早川和子、三輪眞弘に師事。
アンケートを行い、その回答の文章をコンピューターによって解析し、音楽を生成する「アンケート・アート」が代表作としてある。アーティストのサポートや、数多くの映像作品に楽曲を提供。
このシステムによる楽曲《広島・長崎の原爆投下についてどう思いますか?》が、武満徹作曲賞にノミネートされ、第1位を受賞。(審査員はスティーブ・ライヒ氏)
これまでは、「アンケート・アート」をパフォーマンスによるものや芸術作品として
しか見た事がなかったので、今回こういった形でこの作品を現代音楽としての視点から
みることが出来てとても貴重で刺激的な時間を過ごせたなぁ~と思う。

音響設備の整ったサントリーホールで聴く、東京フィルハーモニー交響楽団による
演奏のレベルの高さに感動!プロって凄い!
難解な曲もそつなくこなしてしまう。
たまにはこういう音楽を聴くのも良いなぁ~。

プラッチックコップの中に水、そしてストロー。演奏の一部にそれを楽器として使う。
ストローを加えて左半分の人たちが「ぶくぶく」次に右半分の人たちが「ぶくぶく」
ぶくぶくの強弱で音を表現。
こんな演奏も「アリ」なんだ
斬新なアイディア!おもしろかったなぁ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最近の記事
プロフィール

K5 JUNKO

Author:K5 JUNKO
work assistant DESIGNER

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。